更新日:2024年4月8日

ここから本文です。

任意予防接種

任意予防接種は、ご本人および保護者の判断によって受ける予防接種です。行政が勧奨しているものではありませんが、使用するワクチンは厚生労働省によって認可されています。千代田区は、以下の予防接種の費用助成を行っています。

任意予防接種の一覧

千代田区は、次の予防接種費用の全額助成を行っています。

ワクチン一覧

ワクチンの種類

対象年齢(回数)

接種料金(1回あたり)

おたふくかぜワクチン

1歳~就学前年度の3月31日(2回)

無料

インフルエンザワクチン
(10月~1月に実施)

生後6か月から高校3年生相当年齢以下

(12歳以下は2回、13歳以上は1回)

無料
詳しくは、「高校生以下のお子さんのインフルエンザ予防接種費用助成のページ」をご覧ください。

上記以外にも、定期予防接種の対象年齢の間にMRワクチンを受けそびれてしまった方に対して、費用助成を行っています。詳しくは、「MR(麻しん風しん混合)ワクチン任意予防接種費用助成」のページをご覧ください。

実施場所(指定医療機関)

接種方法

予診票は医療機関に置いてあり、個別発送は行っていません。接種の際は、指定医療機関に予約のうえ、当日医療機関にある予診票に記入してください。

当日持参するもの

  • 母子健康手帳
  • 中学生以下:こども医療証(千代田区発行の有効期間中のもの)
    高校生:高校生等医療証(千代田区発行の有効期間中のもの)
    生活保護を受けている方は、こども医療証の代わりに、生活支援課(区役所3階)発行の証明書を持参してください。無料で接種できます。

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

注射生ワクチンを接種し、別の注射生ワクチンを接種する場合は、中27日以上の間隔をあけてください。

画像:異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔は中27日以上あける

注射生ワクチンはBCG、MR(麻しん風しん)、みずぼうそう、おたふくかぜ等です。

任意の予防接種による健康被害救済制度

万が一、任意の予防接種を受けて健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度に基づく補償と、本区が加入している自治体賠償保険の補償を、それぞれ受けることができます。接種した医療機関にご相談のうえ、千代田保健所へご連絡ください。

参考:独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品副作用被害救済制度(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課感染症対策係(予防接種担当)

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14

電話番号:03-5211-8172

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?