更新日:2022年8月8日

ここから本文です。

消費者だより

消費生活に関するタイムリーな話題をお届けします。

フリマサービスの利用でトラブル

フリマサービスでは、アプリやサイトを利用して、インターネット上で個人同士が商品やサービスを取り引きします。購入者と出品者の双方が消費者であり、どちら側にもトラブルが起きています。

事例1

フリマアプリでカメラを購入する際、条件として商品の受け取り前に出品者評価をするよう求められた。応じたところ、その後商品は届かず、アプリ側に苦情を申し出ても「評価をすると取り引きは終了するので、対応できない」と言われた。

事例2

フリマアプリで財布を購入した。出品者から代金を指定する銀行口座に直接振り込むよう連絡があり振り込んだが、その後相手と連絡が取れなくなった。後からアプリ内の決済方法以外の方法で代金を支払うことは禁止されていることを知った。

事例3

フリマアプリにブランドバッグを出品し、売れたのですぐ購入者にバッグを送った。しかし購入者からバッグは偽物だったので送り返すと言われた。その後バッグは届かず、お金も支払われない。

消費者へのアドバイス

フリマサービスは個人同士の取り引きで、トラブルは原則として当事者間で解決することが求められています。この点をよく理解して利用しましょう。

利用規約で禁止されている次のような行為は絶対に行わないように気をつけてください。

  • 商品受け取り前に出品者の評価をする
  • フリマサービス運営事業者が用意する決済方法以外で代金を支払う

未成年者がサービスを利用する場合は、家族と利用方法を十分に話し合いましょう。当事者間でトラブルが解決しない場合には、フリマサービス運営事業者に事情を伝え、協力を得られるか確認しましょう。

困ったことがあれば、消費生活センターに相談してください。

バックナンバー

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課消費生活センター

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館8階

電話番号:03-5211-4314

ファクス:03-3261-5908

メールアドレス:shohi-c@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?