• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2018年5月15日

消費者だより

消費生活に関するタイムリーな話題をお届けします。

2018年5月号 フリマサービスは慎重に利用しましょう

インターネットを使ったフリーマーケットサービスを利用する人が増えています。専用のアプリをダウンロードすれば、スマートフォンやタブレットで、実際のフリーマーケットのように出品や購入が簡単にできる一方、トラブルも多発しています。

相談事例

事例1 商品が届かない

フリマアプリでブランドの財布が安く売られているのを見つけて購入した。代金を運営会社に支払ったのに商品が届かず、出品者にメールで連絡したが返信がない。

事例2 代金が支払われない

フリマアプリで出品したブランドバッグを購入者に送ったが、偽物だったと返品を希望された。出品時に「返品不可」と記載していたと主張したが、聞き入れられず、代金の入金がない。

トラブルに合わないために

  • 個人間取引だと認識する
    アプリ運営会社は、代金や品物のやり取りを仲介する場合もありますが、「売買する場の提供」が基本的な立場です。運営上必要だと判断した場合には、取り引きのキャンセルや返金のサポートをすることもありますが、当事者間での解決が原則です。
  • 取引相手や商品などの情報を十分に収集する
    取り引きの前に相手のプロフィールや取引実績、評価などを確認し、わからないことは事前に質問フォームなどで直接相手に質問しましょう。
  • 利用規約をよく読んで、ルールとマナーを守って利用する
    運営会社の利用規約を読んで、取引方法だけでなく、トラブルが生じた場合に対応してくれるか確認しておきましょう。
    フリマアプリは、スマホを使って誰でも簡単に売ったり買ったりできる便利なツールです。出品者も購入者もトラブルが起こった場合のリスクをよく考えて慎重に利用しましょう。

バックナンバー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課消費生活センター

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4314

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:shohi-c@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?