• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

消費者だより

消費生活に関するタイムリーな話題をお届けします。

2019年6月号 新元号への改元に便乗した詐欺に注意しましょう

新元号の発表直後から、改元に便乗した消費者被害が発生しています。

今後も改元に便乗した電話や迷惑メールが多発するおそれがあります。被害に遭わないように十分に注意しましょう。また、不審な電話やメールがあった場合は、すぐに消費生活センターにご相談ください。

被害事例

  1. 銀行から「元号が変わるのでキャッシュカードを新しくする必要がある」という連絡があった。自宅に来た男性にカードを渡し、暗証番号も教えた。その後、預金が引き出されていた。
  2. 携帯電話会社から「新元号キャッシュバック」というタイトルのメールが届いた。応募者全員に1万円のキャッシュバックをするという内容で、URLリンクが表示されていた。クリックすると、個人情報を入力する画面になったので不審に思い、入力はしなかった。
  3. 「天皇陛下の退位記念アルバムを購入しないか」と電話があり、記念になると思い注文した。よく考えると4万円は高価なのでキャンセルしたいが、販売会社名や連絡先が分からない。

気を付けるポイント

1.安易に個人情報を教えない

元号が変わっても、キャッシュカードや通帳を変更する必要はありません。他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりしないようにしましょう。

2.迷惑メールに注意する

携帯電話各社から、改元に関するキャッシュバックやプラン変更を求める内容のメールを受信したときは、うのみにせず、携帯電話会社に真偽を確認しましょう。本文中のURLリンクをクリックすると、偽サイトに誘導され、個人情報が流失する可能性があります。安易に本文中のURLリンクをクリックしないようにしましょう。

3.商品の購入は慎重にする

会社名や連絡先が分からないと解決が困難です。本当に必要な商品か、妥当な金額かを冷静に考えましょう。また、執ような電話勧誘はきっぱり断りましょう。

4.電話を留守番設定にする

電話は、常に留守番電話に設定しておき、用件を録音しておくと詐欺対策になります。留守番電話で相手の声や要件などを確認してから電話に出ましょう。

バックナンバー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部商工観光課消費生活センター

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4314

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:shohi-c@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?