トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 糖尿病重症化予防等の取り組み

更新日:2021年11月22日

ここから本文です。

糖尿病重症化予防等の取り組み

区では、平成28年度から国民健康保険被保険者の方々を対象として、「医療費分析を踏まえた糖尿病重症化予防等の取り組み」を行っています。

この取り組みは、医療費分析の結果を基に、糖尿病で治療中の方や糖尿病のリスクのある方を抽出し、食事療法や運動療法などの保健指導を通じて、対象者の方々の健康・生活の質を守るとともに医療費の軽減を図ることを目的に実施しています。

取り組み内容は下記をご覧ください。

未受診者・受診中断者への受診の促し

糖尿病に関する治療が確認できない方へ受診を促す案内を送付しています。また、保健師からお電話し、個別に案内を行うとともに、生活習慣の改善に向けたサポートを行っています。

糖尿病性腎症で通院する方への保健指導

かかりつけ医の同意がある方で、糖尿病の重症化リスクの高い方を対象に、食事や運動、生活リズム等生活習慣全般のアドバイスを行います。この保健指導は区が業者に委託し、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」として実施し、半年間の中で面談2回と電話支援を6~10回程度行います。専門職(保健師、看護師、栄養管理士など)のアドバイスをもとに、糖尿病に関する基礎知識を身につけ、参加者の生活に合った適切で無理のない改善方法を提案し、生活習慣の改善に向け支援します。

また、翌年度には、その後の改善状況をヒアリングするフォローアップも実施しています。

令和2年度保健指導実施者の数値変化(PDF:183KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保険年金課国民健康保険係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4204

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:hoken-nenkin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?