• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田市場(かんだいちば) 神田須田町一丁目(かんだすだちょういっちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田市場(かんだいちば) 神田須田町一丁目(かんだすだちょういっちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成15年3月31日
  • 所在地:神田須田町一丁目8番地

町名由来板

中世の神田川右岸は、水田が多い農村地帯だったようです。幕府が編集した江戸の地誌である「御府内備考(ごふないびこう)」には、町が整備される前、この周辺が須田村(すたむら)と呼ばれていたという記述があります。江戸初期の慶長(けいちょう)年間(1596年~1615年)にも、この界隈(かいわい)を中心に「神田青物市場(かんだあおものいちば)」の起源とされる野菜市が開かれたこともわかっています。
水運を利用して神田川沿いの河岸や鎌倉河岸(かまくらがし)から荷揚げされた青物が、一万五千坪(約4万9500平方メートル)におよぶ広大なこの青物市場で商われていました。
当時の市場では、店が店員の住まいを兼ねていました。つまり、現在のわたしたちが考える市場と違い、当時は市場の中に町があるといったイメージでした。巨大な市場でしたので、中にある町も須田町だけでなく、多町(たちょう)、佐柄木町(さえきちょう)、通新石町(とおりしんこくちょう)、連雀町(れんじゃくちょう)なども市場の一部をかたちづくっていたのです。そして、これら五町の表通りには、野菜や果物を商う八百屋が軒を連ね、連日のように威勢のいい商いが行われていたということです。青物市場の別名である「やっちゃ場」は、そんな威勢のいい競り(せり)のときのかけ声から生まれた言葉なのです。
江戸、そして東京の食生活を支え続けたこの市場は、昭和三年(1928年)には秋葉原西北に、平成二年(1990年)には大田区へと移転しました。それでも、現在の須田町町内には、東京都の歴史的建造物に指定されるような老舗(しにせ)商店が数多く営業しています。須田町は、江戸からつづく活気あふれる商いの伝統が、いまだに息づく町なのです。
現在の須田町中部町会は、この青果市場の中心であった連雀町と佐柄木町のそれぞれ一部が、関東大震災後の土地区画整理事業によって合併し、誕生しました。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?