• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:小川町三丁目(南部)(おがわまちさんちょうめ(なんぶ))

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:小川町三丁目(南部)(おがわまちさんちょうめ(なんぶ))

地図

  • 設置年月日:平成16年9月7日
  • 所在地:神田小川町三丁目1番地

町名由来板

江戸時代、小川町(おがわまち)は神田の西半分を占める広大な地域をさす俗称でした。
古くは、鷹狩(たかがり)に使う鷹の飼育を行う鷹匠(たかじょう)が住んでいたことから、元鷹匠町(もとたかじょうまち)と呼ばれていましたが、元禄(げんろく)六年(1693年)に小川町と改称されました。五代将軍綱吉(つなよし)が「生類憐(しょうるいあわれ)みの令」を施行、鷹狩を禁止したため改称されたという話も伝わっています。
小川町の名前の由来は、このあたりに清らかな小川が流れていたからとも、「小川の清水」と呼ばれる池があったからともいわれています。江戸城を築いた室町時代の武将太田道灌(おおたどうかん)はその風景を「むさし野の小川の清水たえずして岸の根芹(ねぜり)をあらひこそすれ」と詠んで(よんで)います。

安政(あんせい)三年(1856年)には、この絵図にも見られるとおり、下野(しもつけ)足利(あしかが)藩戸田家、越後(えちご)高田藩榊原(さかきばら)家、信濃(しなの)高遠(たかとう)藩内藤家の上屋敷(かみやしき)がありました。小川町の由来ともなった「小川の清水」は、内藤家の屋敷内にあったといわれています。
明治五年(1872年)、この一帯は周囲の武家地を整理して表神保町(おもてじんぼうちょう)となり、明治十一年(1878年)、神田区に所属します。町内には、勧工場(かんこうば)(百貨店の前身)で時計塔としても知られた南明館(なんめいかん)、大弓場(だいきゅうじょう)や寄席(よせ)などがあり、東京を代表する繁華街でした。
昭和八年(1933年)の区画整理により、ここは小川町三丁目(おがわまちさんちょうめ)となります。昭和二十二年(1947年)に神田区と麹町(こうじまち)区が合併して千代田区が成立すると、町名も神田小川町三丁目になりました。
この界隈(かいわい)は明治のころより学生街として賑(にぎ)わっていましたが、昭和三十年代からは大型のスポーツ用品店が出店しはじめ、現在では東京のみならず日本屈指のスポーツ店街として多くの人々を集めています。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?